シーラントで乳歯の虫歯を防ぐ

虫歯予防のシーラント

お子さんの歯を虫歯から守る!?

シーラントが虫歯菌をはじく

シーラントは、虫歯の予防処置です。 体に害のないプラスチックで奥歯の噛む面の溝を埋め、 食べカスや汚れが溝に入らないようにしてむし歯を防ぎます。

「シーラント」はどこにするの?

生まれたての奥歯は溝が深く歯ブラシが届きにくい

奥歯の噛む面の溝にします。 生えたての奥歯の永久歯は溝が深く、複雑な形をしており歯質も未熟なため、がんばってハミガキをしても汚れが取りきれず虫歯になってしまうリスクが高いのです。 そこで、歯を削らず溝をコーティングするだけで高い予防効果を発揮するシーラントをオススメしています。

「シーラント」はいつするの?

シーラントを詰められる箇所

6歳臼歯が生えた頃(6歳前後)が目安です。 その後は歯の生え変わり時期に合わせて行います。 6歳臼歯は初めて生える永久歯で、一生使っていく大切な歯です。 生えたての奥歯は他の歯より背が低いので磨きづらく、お子さんは歯みがきが上手にできないことも多いので虫歯になりやすいのです。

「シーラント」をした後の注意点

シーラントにも注意が必要

シーラントは歯の溝からの虫歯の予防には効果がありますが、全ての虫歯を予防するものではありません。 処置をしていない部分、歯の裏・歯と歯の間・歯肉のすきまなどはシーラントでは予防ができません。

また、シーラントは永久的なものではありません。 一度処置をしても、取れたり欠けたりすることがあります。 欠けた状態で放置すると、シーラントと歯の間から虫歯になり、シーラントの下に虫歯が広がってしまうこともあります。

より効率良く虫歯の予防をするために

一生の使う大切な歯を守るために

シーラントは、歯を削らず溝をコーティングするだけで一生使う大切な臼歯の虫歯のリスク減らしてくれるので、おすすめの予防処置です。 しかし、処置をすれば虫歯にならないというわけではありません。
虫歯の予防の基本は日頃のご家庭での丁寧なはみがきと、検診で定期的にプロのメンテナンスを受けていただくことです。

たんぽぽ歯科では3カ月に一度のペースで定期検診に通って頂くことをオススメしています。 その際に「フッ素塗布」「シーラント」も行いますので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

診療メニュー

当院のご紹介

歯科衛生士求人サイト 歯科医師求人サイト

top