痛みの少ない治療について

痛みの少ない治療を心がけています。

むし歯にならない環境を提供することがたんぽぽ歯科の使命です。

痛みのない治療のために

表面麻酔

画像

痛みの少ない治療を実現させるためには、しっかりと麻酔を打つ必要があります。

歯茎に注射を打つとどうしても強い痛みが生まれてしまうため、これを緩和させることが大切です。

それが表面麻酔といわれるもので、注射を打たずに塗り薬のみで患部に麻酔をしていきます。

これにより注射による痛みはほとんどかんじることが無く麻酔を打つことができます。

極細の注射針

画像

太い注射針は血管に到達するまでに神経を強く刺激を与えてしまうため、細い注射針のほうが痛みを抑えることができます。
麻酔に使用する針の太さの直径は「G」という単位で表現され、27G(0.40mm)や30G(0.30mm)がよく使われます。

この太さが好まれる理由は手動で注射できる限界の細さのためです。これより細くなると手動では麻酔薬を押し出すことができないためです。

当院では電動麻酔を用いることでさらに細い33G(0.26mm)を使用しています。

麻酔剤の加温

画像

麻酔剤が冷えると体温との温度差が大きくなり、注射の際に強い痛みを感じます。

この温度差を抑えるために、たんぽぽ歯科では麻酔薬を保温器にいれ、常に体温と同じ温度に保っています。 そのため、季節に関係なく痛みが少ない麻酔を行っています。

電動麻酔注射

画像

上手い注射には手術の経験をしっかり積むことが求められています。
しかし当院に限らず歯科医によって経験年数がバラバラのため、どこの歯医者でも痛みの少ない麻酔を打つことはできないのが現状です。
加えて経験のある歯科医でも手元が狂ってしまうことももちろんあります。

これを改善するためにたんぽぽ歯科では電動麻酔を使用しています。 これによりスタッフの技術の優劣に関係なく、安全で痛みの少ない麻酔を実現しています。

お電話でのご予約・お問い合わせ 0568-83-5118
診療時間
10:00~12:30

/

/

10:00~13:00

/

/

/

/

/

14:00~19:30

/

/

14:00~18:30

/

/

/

/

/

休診日
祝日、お盆、年末年始(12月30日~1月3日)

診療メニュー

当院のご紹介

歯科衛生士求人サイト

top